歯科医院開業・改装相談室

4.開業相談室 金融機関相談

自己資金で開業ができない場合、金融機関へ相談に行くことになります。
金融機関での借入時は、有担保、無担保に関わらず、抵当権設定料、信用保証料、契約手数料、印紙税などの諸費用があることに、注意しなければなりません。

元利均等返済と元金均等返済

返済方法には、代表的なものとして「元金均等返済」と「元利均等返済」の2つの方法があります。

  メリット デメリット
元利均等返済 返済額(元金+利息)が一定のため、返済計画が立てやすくなります。
元金均等返済に比べて、返済開始当初の返済額を少なくすることができます。
同じ返済期間の場合、元金均等返済よりも総返済額が多くなります。 借入金残高の減り方が遅くなります。
元金均等返済 返済額(元金+利息)は返済が進むにつれ少なくなっていきます。
元利均等返済に比べて、元金の減少が早いため、同じ返済期間の場合、元利均等返済よりも総返済額は少なくなります。
元利均等返済に比べて、元金の減少が早いため、総支払利息や総支払額が少なくてすみます。

固定金利と変動金利

ローンのタイプには全期間固定金利、変動金利、固定金利選択型があります。

  メリット デメリット
全期間固定金利 返済最終日までの借入額が確定するので、返済計画がたてやすい。金利上昇局面には有利。 変動金利型に比べると、金利が高くなる。
変動金利 これから金利下降局面には有利。 返済額や支払利息が確定しない。
固定金利選択型 固定型、変動型の利点をミックス。 固定期間が終了したときは、そのときの金利が適用されるため、思わぬ高金利になる可能性がある。

«前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次 »
  • 取り扱い製品
  • 注目製品
  • 取り扱いメーカー一覧
  • 歯科医療書籍
  • 開業・改装相談室
  • イベント・セミナー
  • 会社概要
  • 事業概要
  • 特集ページ
  • 採用情報
  • お問い合せ

個人情報保護方針について

株式会社 田中歯科器械店

〒102-8139
東京都千代田区富士見1丁目3番
8号田中ビル

電話:03-3230-2386 FAX:0120-418-550

神奈川支店

電話:046-826-1640 FAX:0120-182-999

新潟支店

電話:025-267-1080 FAX:0120-438-020

ページのトップへ